きれいな脚と花
お知らせ

足水虫の種類は大きく分けて4種類あります、趾間型、角質増殖型、小水疱型、そして爪白癬です。
趾間型は足水虫の中で割合が最も多く、水虫と言えば趾間型を指すか思い浮かべるほどです、特に小指と薬指の間で発症することが多くなっています、これは小指と薬指が密着しやすいため隙間ができず通気性が悪くなり湿り気を帯びやすいせいであり、また、この部分は入浴時などに洗うのを怠りがちで古い角質が残ったままとなり水虫の原因菌である白癬菌が増殖しやすいという点も挙げられます、このタイプの水虫は痒みが強く、皮膚が白くふやけて浸出液が出てじゅくじゅくと濡れたような感じになります、白くふやけた部分が裂けて痛みを感じたり、その部分に細菌が感染し腫れて化膿することもあります。

趾間型は、皮膚表面に白癬菌が増殖している場合が多いので、治療薬であるニゾラールクリームやラミシールを使用すれば治る場合が多くあります。
しかし、角質増殖型には効果が薄いので注意が必要でしょう。
角質増殖型は自覚症状に乏しいので水虫だとは気付かぬ場合もあります、主に踵の皮が厚くなりひび割れてポロポロと剥がれ落ちます、この剥がれ落ちた皮には白癬菌が潜んでいるので他の人が踏むと移る可能性もあります。
小水疱型は突然強い痒みが足の裏と甲の境目などで発症し、掻くとすぐに小さな水膨れができます、掻けば掻くほど水膨れは大きくなりヒリヒリとした痛みを伴うことがあります、土踏まずなどの柔らかい部分にも発症しやすいものです。

爪白癬は足水虫の中で最も治り難いものです、足の皮膚というよりは爪と爪が生えてくる付け根の部分に白癬菌が感染し爪が黒っぽく変色したり歪な形に変形したりします、自覚症状はほとんど無いのですが塗り薬だけの治療はまず無理で、完治には白癬菌に効く内服薬を副作用に気をつけながら長期間服用することになります。
水虫の治療期間もそれだけ長くなるということです。
内服薬は市販されてはいないので皮膚科の診察を受けて処方してもらわなくてはなりません。

記事一覧
脚にクリームを塗る人

足のトラブルで特に多いものに水虫があります。 その症状も様々でかゆみが強いものもあれば、かゆみがほと...

水虫の脚

足の裏や指のあいだがかゆくなったり、皮がむけてきたりすると、これは水虫だと自分で判断して水虫の薬を買...

女性の脚の裏

以前は病院で処方されるのみで薬局では一般に販売されていなかった成分の水虫薬が、数年前から市販されるよ...

きれいな脚

足に出来る水虫は指の間がジクジクとする趾間型、足の裏や側面に水疱のできる小水疱型、かかとが角質化して...

女性の脚と白い花

水虫は、カビの一種である白癬菌が皮膚の角質に寄生する事で発症する感染症であり、男女を問わず感染し症状...

水虫の治療薬は市販されているものも多く、ドラッグストアなどに行けば、専用のコーナーが設けられており、...

妊娠中は免疫力が下がり、出産が終わったかと思うと、生活のリズムを赤ちゃんのペースに合わせなければなら...

足水虫は、日本人の5人に1人が感染しているとも言われています。 それだけ多くの人はどうやって水虫に感...

水虫は白癬菌という菌が、皮膚の角質層に感染すると起こる、皮膚感染症の1つです。 白癬菌は皮膚の主成分...