きれいな脚と花

足水虫の治療とお薬情報

水虫は白癬菌という菌が、皮膚の角質層に感染すると起こる、皮膚感染症の1つです。
白癬菌は皮膚の主成分、「ケラチン」をエサとしているので、ケラチンがある部分でればどこでも感染します。
顔や頭、手にも感染するケースがありますが、多くの場合は足に感染します。

ただ、足の水虫といっても感染する場所によって、症状は様々です。
水虫と聞いて多くの方が思い浮かべるであろう、足の指と指の間の皮膚がジュクジュクしたり、皮剥けするといった症状は趾間型で起こります。

趾間型は冬場に発症するケースはほとんど無く、多くは梅雨や夏場といった高温多湿の季節に症状を感じるのが特徴です。
もう1つ、夏場に起こりやすいのが小水疱型です。
小水疱型は足の側面や土踏まず部分に、赤みを帯びた小さな水疱ができます。
強い痒みを伴うので搔き毟ってしまい、そこから雑菌が入り込むといった2次感染を引き起こしやすい水虫です。

白癬菌は温度と湿度が高い場所を好む性質があるので、趾間型・小水疱型は夏場に起こりやすいと考えられます。
しかし、水虫には冬場に症状が悪化するタイプがあるのを、ご存じでしょうか?
そのタイプは角質増殖型と言われており、かかとに発症します。
かかとの角質が厚くなり、ひび割れが起こるのであか切れと勘違いされてしまいがちです。
ですが、れっきとした水虫なので、そのまま放置してしまうと治る事はありません。
痒みも全くないので、注意したいタイプです。
また、爪にもケラチンは含まれているので、白癬菌が感染し爪水虫となってしまうケースもあります。

このように、足水虫には色々な種類があるのです。
治療は白癬菌を死滅させる為、抗真菌薬が処方されます。
趾間型・小水疱型は外用薬による治療が主流ですが、角質増殖型と爪の場合は外用薬では奥まで浸透しない為、内服薬を処方する治療が行われます。

外用薬は幹部にのみ塗布するため副作用が少なく試しやすいのではないでしょうか。
フロリードDクリームという外用薬はミコナゾールという抗真菌薬を含有しています。
ミコナゾールによって真菌の細胞膜を壊すことによって症状の改善が見込めます。
フロリードDクリームは医師からの処方か日本国外からの個人輸入で入手できます。
個人輸入代行してくれる日本語の通販サイトもあります。
通販は処方してもうよりもお安く購入することができます。
またジェネリック医薬品もあり、先発医薬品のフロリードDクリームよりもより手軽に入手できます。
通販サイトではジェネリックの取り扱いもあるので安く買いたい方にはぴったりです。
不安だけどもフロリードDクリームを通販で買ってみることをお考えの方はサイトの口コミなどを調べてみましょう。

関連記事