きれいな脚と花
  • ホーム
  • 授乳中に重症の爪水虫、治療は行ってもいい?

授乳中に重症の爪水虫、治療は行ってもいい?

妊娠中は免疫力が下がり、出産が終わったかと思うと、生活のリズムを赤ちゃんのペースに合わせなければならないため、寝不足になってしまうお母さんの免疫力は再び下がってしまいます。
そのため、水虫に感染したり、感染していたものが重症化してしまうこともあります。
放置しておいて赤ちゃんに感染させてはいけないけれど、授乳中に水虫の治療を行っても、赤ちゃんに影響はないのでしょうか。

軽い水虫で、軟膏やクリームなどの塗るタイプの治療薬ならば、授乳中でも使用しても構いません。
ただし、患部に触れた手、患部に薬を塗った手などで赤ちゃんに触れると、水虫の原因菌である白癬菌が赤ちゃんに感染してしまう可能性があります。
綺麗に手を洗うようにしたり、タオルなどを共用しないようにすることが必要になります。
では、重症の水虫の場合はどうでしょうか。

重症になってしまうと、足の角質が厚くなったり、水虫の原因である白癬菌が爪にまで感染してしまうため長期の治療が必要となります。
長い場合には1年近くの治療が必要となってしまいます。
重症になり爪に感染してしまうと軟膏やクリームでの治療は難しく、病院で処方された内服薬を使用することになります。
しかし、水虫の内服薬は妊娠中や授乳中は服用してはいけません。
赤ちゃんの栄養は、全てお母さんの口に入ったものになるため、薬の成分が赤ちゃんに影響を及ぼしてしまう可能性があるためです。
授乳中の場合には、軟膏やクリームなどの外用薬を使うしか方法はありません。
現在ではレーザーを使うことで治療を行ったり、高濃度の抗真菌薬を器具に入れ、爪に置いておくという薬を飲めない妊娠中や授乳中の方でも行うことができる治療を受けることも可能です。

関連記事