きれいな脚と花
  • ホーム
  • 市販されている刺激の少ない水虫薬の選び方

市販されている刺激の少ない水虫薬の選び方

水虫の治療薬は市販されているものも多く、ドラッグストアなどに行けば、専用のコーナーが設けられており、小さなポップで紹介されていたりします。
見渡すとどれを選べばいいか分からないほど種類が豊富で、自分の症状にあったものを選ぶのも難しいほどです。
そこでメリットやデメリットを考え、刺激性のあるものや、効果があまり期待できないものを省いて考えていくことが大切です。
一昔前の水虫の治療薬と言えば、ヨードチンキやサリチル酸でしたが、刺激性が強く抗真菌力もあまり期待できないものでした。
しかし、近年ではイミダゾール系の抗真菌薬が市販されており、広い抗真菌スペクトルを持ち抗真菌力があり刺激性も薄れたことから、水虫の治療に高い期待が持てるようになっています。
市販されている水虫薬の中には、スプレーが存在しますが、これは手を汚さずに使用でき、使用感がさっぱりしたもので刺激性もありませんが、広い範囲で使用するのは難しく、主に指の間でジクジクするタイプに向いています。
最も刺激性の強いのは液体タイプで、高い浸透力で角質層にまで届くことから、かかとの角質化した水虫に効果的です。

ただし、浸透力が高いことから敏感肌の人が使用すると、皮膚がただれたり痛みを伴うことがあります。
最も多いクリームタイプでは、伸びが良く塗りやすいほか、ベトつきが少なく使用しやすい点がメリットです。
刺激性も少ないですが、これでも刺激が強いという人は、軟膏タイプを選ぶといいでしょう。
軟膏タイプは伸びが悪いですが、しっかりと肌に付くので患部の保護や保湿に役立ち、基材が油性であることから染みにくいという特性があります。
ただし、非常にベトつくことから、使用感はあまりよくないようです。
どのタイプでも、人によってベトつきや刺激感によって好みが分かれますので、まずは使用してみて使用感を確認するようにしましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧